家賃交渉を2年周期でしてみては

賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。

 

賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。

 

もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。 最近人気の賃貸物件が多機能型であり、タワーマンションのような設備と管理がされている賃貸もあります。
都心部では少々割高の家賃となってしまいますが、探せば理想の範囲内で素晴らしい物件と出会えるかもしれませんね。



家賃交渉を2年周期でしてみてはブログ:190506

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

皆さんは
「脂肪=からだに悪いもの」と考えていませんか?

しかしそれは間違いで、
脂肪は人間が生きて行く上で、
とても必要なものなんですよ!

例えば、
エネルギー源になったり、内臓を守るクッションの役割になったり、
寒さをやわらげるための体温調節をしたり…など、
あたしたちが生命を維持するために欠かせない存在です。

ただ
増えすぎてしまうと生活習慣病の原因になりますし、
極端に少なくなると適正範囲を守るのが理想的です。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は
両方ともからだの中にある脂肪、いわゆる体脂肪ですが、
皮膚の下にたまるものを「皮下脂肪」、
内臓の周りにつくものを「内臓脂肪」といいます。

脂肪が必要以上にからだにたまりすぎると肥満になりますが、
お尻やももなどの下半身に脂肪がつくのが、
「洋なし型」と呼ばれる皮下脂肪型肥満、
腹の周りに脂肪がつくのが
「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪型肥満となります。

一般的に、
男性はリンゴ型の内臓脂肪型肥満になりやすく、
女性は洋なし型の皮下脂肪型肥満になりやすいといわれています。

特に、
内臓脂肪型肥満は
生活習慣病の原因になりやすいので注意が必要です。

ですが、
内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べ
「つきやすいけれど落ちやすい」という特性があるので、
毎日のご飯と体操の習慣を見直すことで
落としやすい脂肪でもあるのです。

腹の周りに脂肪がつきすぎて
落としにくくなってしまう前に
ご飯内容を改善して、
適度な体操をする習慣を見につけたいものですね。