家賃交渉を2年周期でしてみては

賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。

 

賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。

 

もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。 最近人気の賃貸物件が多機能型であり、タワーマンションのような設備と管理がされている賃貸もあります。
都心部では少々割高の家賃となってしまいますが、探せば理想の範囲内で素晴らしい物件と出会えるかもしれませんね。



家賃交渉を2年周期でしてみてはブログ:190721

大雨が続いて
家にこもりがちになると、
トレーニング不足が気になりますよね。

でも、一年で最も湿気が多い梅雨の季節こそ、
積極的に身体を動かして、汗をかくことが大切です!

湿気は皮脂を塞ぎ、汗を出しにくくします。
室内でできるダンベルやバランスボールなどを使って、
汗ばむ程度にトレーニングしましょう。

また、
腕立て伏せやスクワットで
筋肉を鍛えれば、基礎代謝がアップし、
熱を生み出しやすい身体になりますし、
引き締め効果も期待できますよ。

湿気が多く、細菌が繁殖しやすい梅雨。
気がついたら、お風呂や押入れがカビだらけなんてことも…
大掃除は意外とカロリーを消費します。
大雨の日は、身体を使って
家中をピカピカにしましょう。

ゆっくり時間をかけてお風呂に入ると、
身体の芯から温まり、汗がたくさん出てきます。
代謝アップやむくみ予防に効果大!

蒸し暑くて食欲が落ちるこの時期。
喉ごしの良い冷たいものばかり口にしていると、
身体を冷やし、胃腸が弱くなる原因にもなりますので、
なるべく温かい飲み物を飲むよう心がけましょう。

発汗作用のある食べ物は
汗として余分な水分を排出するだけでなく、
身体を温め胃腸の調子を整える効果があります。
生姜、しそ、ネギ、ニンニク、
唐辛子、山椒、シナモン、ニラなどがそうです。

また、
冬瓜、あずき、黒豆、あさり、昆布など
利尿作用の効果が期待できる食べ物は
水分代謝を良くし、
むくみやその他の身体の不調を解消してくれますよ!

梅雨は身体に水分を溜め込みやすくなり、
むくみや肌荒れ、だるさ、胃弱など、
身体の不調を引き起こします。

日々の生活習慣に気をつけ、
適度なトレーニングで
余分な水分を汗として身体の外に出し、
水分代謝を良くしましょう。