現地調査は実際に生活をしているイメージを持つ

人によって生活の便利さに求めているものが違うことから、自分のライフスタイルを考えて現地調査を行いましょう。
まずは自分の普段の生活をまとめてから現地へ下見に出掛けるのが最も賢い現地調査なのではないでしょうか?

 

自分にとって理想的な賃貸物件を探しているのでしたら、不動産屋の資料だけではなく、しっかりと現地に出向いて物件の調査をしましょう。
さらに、担当者と同行して下見をする時でも、担当者に頼りすぎずに自分の足と目を使って入念に調べましょう。

 

やはり物件の良さで最も注意するべきことがアクセス性であり、地図上だけの確認ではなく、現地で電車やバスの時刻表の確認をすることが大切です。
帰宅が夜遅くなってしまうことが多い人は、タクシーがどの程度あり、どの位の料金なのかをチェックしておきましょう。 もしこれから賃貸物件探しを始めるのでしたら、妥協することの出来る条件をハッキリとしておきましょう。
あまりにも条件にこだわり過ぎてしまうと、よほどのお金持ちでなければなかなか物件と出会うことが出来ません。





メール便はここ
URL:http://postmail.co.jp/
メール便


現地調査は実際に生活をしているイメージを持つブログ:190307

あたくしがピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていたママの
「娘に音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は友達となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざとご飯を長引かせたりしたこともあります。

あたくしにとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんなあたくしのために、
ママは時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックご飯」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
あたくしにとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作りデザートが置いてあって締めになります。

ピクニックご飯もまたワクワクするイベントです。
普段はインスタント味噌ラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしないママでしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
ママもそこで一緒に食べるというものでした。

ママなりにあたくしに音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。