マンション型賃貸物件は安全安心

マンション型賃貸物件は安全安心


マンション型賃貸物件は安全安心
アパートの家賃や管理費はマンションと比較をして割安になっており、比較的に気軽に住むことが出来るでしょう。
アパートでは1000円〜数千円程度となる管理費が、マンションの場合となると数千円以上からとかなりの開きがあります。

耐火構造、耐震構造のマンションは今の日本では当たり前のものであり、これらは「RC構造」「SRC構造」と言われています。
建物そのものの強さは当たり前のことですが、新築物件におきましてはオートロックや宅配ロッカー付きなど、アパートには無い設備が充実しています。

どんなに素晴らしいマンションだったとしましても、現地調査を行うことで実際のところはアパートと大差が無かったなんてことはよくあることです。
しかし遮音性などといった特殊な設備は、アパートよりも断然優れているマンションが多くなっています。 非常に残念なことなのですが、賃貸物件を取り扱っている不動産屋の中には悪質な業者も存在しているようです。
評判の悪い物件をオススメしてきたり、手数料を上乗せしたりする不動産屋には注意しましょう。



マンション型賃貸物件は安全安心ブログ:190920

我が家には、
一緒に暮らして14年になるイヌの太郎がいる。

8時7時、夕方5時の散歩が日課となっているが、
その時間になるとまるで時計を睨んでいたかのように
「ワン」とおっしゃる。

トレーニングといえるかわからないが、
唯一14年間続いているのが太郎との散歩である。

家を出て信号機までは、小躍りする太郎に引かれながら走る。
信号機まではおよそ100メートル…ここまでは全力疾走。
太郎も高齢だが、こちらも負けじとももを上げる。

そこを越えると
川沿いの土手にたどり着く。

ここで太郎は、じっくりと縄張り確認の臭いをかぐので、
ミーは肩回しや首回しをしながら8時の空気を吸う。

次に、公園通りに進む。
この公園には、独自のスタイルでトレーニングに励むお爺さんがいる。

雨の日は見かけないが、
寒い日でもランニングシャツ1枚で
大きな声を出しながらトレーニングをしている。
ミーと太郎を見ると大きな声で話しかけてくれる。

そしてゆっくりと公園通りを抜け、川沿いの堤防道へ。
目の前の信号を渡れば8時のゴールとなる。
所要時間にして、20分程だろうか。

夕方は、ルートを伸ばしたり変更したりして
約30分のコースにする。
わずかな時間だが、気がつけば雨の日も風の日も続けている。

健康のためにトレーニング!と
意気込んでジムへ通ったこともあったが、
続けるのが難しい。

日々の腹筋を自分に課したこともあったが、
誰かが見張ってくれないと恥ずかしながら続かない…

トレーニングはリズムだと思う。
自分の生活にテンポよく刻めるようになるまでが難しい。

ミーは強固な意思を持ちあわせていないので、
鳴ったり鳴らなかったりの不協和音の日々だが、
8時夕の散歩だけはかろうじてリズムを保ち続けている。

「誰のお陰だワン」という声も聞こえてきそうだが…

マンション型賃貸物件は安全安心

マンション型賃貸物件は安全安心

★メニュー

賃貸条件を自分なりに設定
家賃交渉を2年周期でしてみては
クチコミ情報をチェックして不動産屋を探す
家賃だけではなく管理費や駐車料金なども確認
賃貸契約は審査に合格することで可能
良い不動産屋を選んで理想を叶える
駅前などにある不動産屋の特徴
賃貸物件にもいろいろなタイプがある
マンション型賃貸物件は安全安心
現地調査は実際に生活をしているイメージを持つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸探しで頭を抱えてしまう前に