賃貸条件を自分なりに設定

探している賃貸物件の条件を広げることによって、少しでも自分の求める物件に近いものが見つかることがあります。
もし条件を広げるのがどうしても嫌なのでしたら、最終的には希望家賃設定を上げるしか方法はありません。

 

不動産屋の担当者に対して、自分の理想となる条件を伝えましたら、その条件が本当に現実的に可能なのかを確認することが大切です。
物件の情報誌などで希望沿線や希望駅で予算に合っている広さや間取りの部屋があるのかどうかを確認しておきましょう。

 

インターネットや賃貸情報誌などで「これだ!」と思った物件があったら、すぐに担当の不動産屋に確認の電話をして、契約済みとなってしまっていたら再度検討しなおしましょう。
予算内で物件を探すことが出来ないようでしたら、条件よりも狭い部屋にするか、駅から遠い部屋にするかなど条件を広げてみましょう。 人気の賃貸物件はあっという間に不動産屋の空き物件情報から消えてしまうものです。
中には情報に掲載されることなくクチコミだけで契約がされることもあるので、担当者と仲良くなって不動産選びをしましょう。



賃貸条件を自分なりに設定ブログ:190711

水はの身体中では
血液や皮膚、筋肉、臓器、骨、などあらゆる場所にあり、
成人では身体の約6割が水分で構成されています。

1日に必要な水分量については諸説あり、
一概にこれだけと言い切れませんが、
人間の身体は安静にしていても最低1200mlは必要なので、
1日あたり、
1500ml(1.5L)〜2000ml(2L)の水分補給が望ましいとされています。

1日で身体から出て行く水分は
便と尿で1400ml、汗と呼気で900ml…
合計2300mlの水分が排出されています。

ですから、
失われる水分を補給する意味でも
1日2Lの水分は必要ということになりますね。

でも、
その2Lをすべて「飲む水分」と考えなくても大丈夫です。
食べ物からも水分が得られます。

野菜やくだものにも多くの水分が含まれていますし、
お米もご飯になると水を含むので
水分は約4倍に増えます。

また、
出て行く水分も多く
意外に思われるかもしれませんが、
意識しなくても身体は、
身体の中の水分量を一定に保ってくれているのです。

おすすめの水分補給のタイミングは
8時目覚めたとき・お風呂の前後・寝る前、
あとは喉が渇く前に少しずつこまめに飲むのが無理なく続けられますよ。

水道水は、
一度沸かした湯冷ましの方が有害物質が抑えられます。
お気に入りのミネラルウォーターを見つけるのもいいですね。
ジュースや甘い飲み物は嗜好飲料に分類されますので
楽しみ程度にしておきましょう。

水分を味方につけて
身体の中も外もきれいにしていきたいですね。

嗚呼,いい気分